Nourrirのコンセプトは

楽しむ空間
元気になる場所
心の豊かさを育む時間

10年以上探し求め実現した自宅兼サロンです。


~・~・~

移住前、私たち夫婦は共に公務員で、経済的に安定していることを誇りに思っていました。しかし、なぜか心は満たされませんでした。

「なぜだろう?」

家族旅行にも行き、欲しいものも手に入れていましたが、原因はわかりません。それでも、私たちはさらに満足を求め続けました。

「そうだ!家を建てよう!」

ハウスメーカーに行くと、公務員としての安定した職業が歓迎され、高スペックな住宅の提案に心が躍りました。しかし、理想の土地はなかなか見つかりませんでした。都会の駅近や利便性を重視していたため、10年経っても納得できる土地に出会えなかったのです。

そんな中、コロナ禍が始まりました。閉塞感の中で、心地よさを感じられたのは「ベランダでご飯を食べる時間」でした。狭い賃貸アパートのベランダで、子ども二人と縦に並んでご飯を食べる時間は、とても豊かに感じられました。

この経験がきっかけで、土地探しの優先順位が変わりました。

「あの時感じた豊かさは何のおかげだろう?」

都会の駅近や利便性は、私たちにとって本当に欲しいものではないのかもしれません。そして、家を手に入れるだけでは心は満たされないのかもしれない。「家を建てて何をしたいのか?」という問いが浮かびました。

私たちは意識を別の方向へ向け、家を建てる場所について改めて考えるようになりました。今は仕事があって暮らしがある。

「この順番を変えられないかな?」

私たちが心地よく暮らせる場所はどこだろう?何があれば心地いいと感じられるのだろう?こうして、土地探しの優先順位は私たちの心地よさに変わりました。

視野を広げて、関西にこだわらずに考えてみました。夫に関西以外で住みたい場所を聞くと、即答で「長野県!」。大学時代の暮らしが良かったそうです。一度行ってみることにしました。

実際に訪れると、圧倒的な自然や暮らしやすい環境、穏やかな空気に触れました。コロナ禍でも感じられた豊かさが、ここにはありました。

「私たちが探し求めていたのはこれだったんだ!」

そう気づいてからは、半年で長野県での職を見つけ、移住計画を進めました。移住してからも勢いは止まらず、移住して2ヶ月で土地を見つけ、購入しました。そして、自宅兼サロンを建てることができました。

家を建ててやりたかったこと。それは、心地よさや豊かさを感じ、それを仲間と共有すること。かつての高スペック住宅とは全く違う家を建て、広い土地に小さな家を建て、庭をたくさんの木々で満たしました。その庭でイベントを開き、仲間と豊かさを共有できる場所にしました。

この場所を豊かさを育む場所にしたいとの思いから、サロンの名前を「Nourrir~育む〜」としました。

私自身、第一子出産直後から子育てで悩み、落ち込むことが多かった時期がありました。その時は無気力で、幸せを感じることができず、「楽しい」と感じることが極端に減りました。
だから、かつての私と同じように感じているママたちのためにお手伝いができれば、とても嬉しく思います。
落ち込んでいた時期に、久しぶりに「楽しい」と感じた時の感動を覚えています。
この場所で「楽しい」「感動する」などの心の豊かさを共感し、育み続けることが私の喜びです。